日々のこと

4年目転職ジンクスにさよなら

こんにちは!kotoです。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

私は今まで4年のサイクルで、5回転職をしています。

仕事は好きなんですが、だんだんと人間関係がつらくなってしまうんです。

家に帰っても苦手な人のことが頭から離れず、休日も心から楽しめない。

心が弱いせいだと、自分を責め続ける毎日でした。

ですが、自分がHSPだと知り HSPとは

今まで抱えていた生きづらさの全てに納得がいきました。

現在の職場では7年目に突入!

4年目のジンクスを乗り越えられ、自信にも繋がっています。

定年退職する日まで勤めることが私の目標になりました。

境界線を引く

「また辞めるの??」

「どこに行っても人間関係のしんどさは同じだよ。」

分かってるけど…

自分でも重々承知していますが、周りの言葉にまた落ち込みます。

職場ではつねに気をつかい、神経をすり減らして毎日クタクタ。

『職場のみんなとは仲良くしなければいけない。』

『相手に不快な思いをさせてはいけない。』

『仕事は完璧にこなさなければいけない。』

○○でなければと考えてしまう根底には、人に「嫌われたくない」という思いがあるそうです。

私は特にその傾向が強かったようで💦💦

他人からの評価を気にして、自分の気持ちを大切にできず、欲求を否定していたことに気が付きました。

その積み重ねでストレスが蓄積され、限界がきていたようです。

 

相手の感情は、相手の問題。

嫌われたっていいや!

そう思えるようになり解放されました。

今はできるだけ空気を読まないようにして、自分の本音に耳を傾けています。

心の中に他人との境界線を作れたことで、敵意を向けて来る人の行動や、ネガティブな発言に影響されることなく、仕事に集中できるようになりました。

人間関係も以前より上手くいっています。不思議ですね。

「自分らしさ」を手に入れ心が軽くなり、どこまでも飛んで行けそうです!

理解者との出会い

今の職場は時間に追われることなく、集中したい時には場所を移動できたり、休憩時間は一人で個室を使えたりと、HSPにはとてもありがたい環境。

4年目に退職を決意したときに、上司が親身になって話を聞いてくれて、現在の部署に配置換えになりました。

収入は減りましたが、大満足です。

 

そしてもう一つ嬉しいのが、同僚に同じHSPさんがいること!

理解者がいることで、格段に仕事がしやすくなりました。

今まで理解されなかった悩みを共有できたり、的確なアドバイスをもらえたり。

繊細でありながら前向きな人柄に、毎日刺激されています。

優しく素敵な彼女は私のお手本。

いつもありがとう!!

転職を考えているHSPさんへ

現在転職しようか悩まれているHSPさん、今の職場の中で仕事がしやすいよう改善できることはないでしょうか? 少しでも改善の余地があるならば、そのまま辞めてしまうのは勿体ないです。

少数派のHSPを理解してもらうことは難しいことですが、少し勇気を出して信頼できる人に悩みを伝えてみてください。それでも変わらないとわかった時点で転職すればいいと思います。

転職に後ろめたさを感じる必要はありません!

ストレスのため過ぎにはくれぐれも気をつけてくださいね。

私もHSP特有の悩みはゼロにはなりませんが、理解のある上司や同僚に相談しながら、何とか乗り越えられています。

ささえてくれる周りのみんなに感謝しながら、明日もごとごと頑張ろう!

 

人生の転機となった本です。

Amazonで見る

 

引用:目先の人間関係が苦しく、「辞める・辞めない」で迷っているときは、頭の中がごちゃごちゃと混乱していることが多いので、感情的・短絡的な判断をしてしまい、後悔する人も多いのです。誰かに相談して第三者目線を入れることで、感情的な判断で「大失敗」するリスクは大きく減らすことができます。 

あらゆる不安や悩みの解決法を、精神科医の樺沢紫苑氏が的確にアドバイス。第三章の中では「どうしても仕事を辞めたいときの対処法」として、ファクトやToDoを丁寧に紹介してくれています。転職しようか悩んでいる方や、日々のストレスに悩まされている方に是非読んでいただきたいオススメの一冊です。